時間による従量課金のクラウドもあります。この場合は初期費用があまりかからないのがいいところです。

従量課金によって普及したクラウド

時間の従量課金制のクラウド

従量課金というのは基本的には利用した分だけサービス料金の支払いをすることを指します。反対は定額課金となります。電話料金などは大体従量による課金制度になっていると思うのですが、実はクラウドの世界も従量の課金と定額課金とがあるのです。そして従量の課金の場合でも二つのパターンに分かれいます。利用した質量による課金と時間による課金とがあるのです。時間による課金の場合でしたら一時間ごとにいくらという風に決まっています。あるサービスの場合でしたら大体一時間に10円になっていました。そしてこのような課金システムの場合ですと実は初期費用が要らないというメリットがあるのです。ですのでかなりコストの削減になります。ですのでもしも利用するのでしたらこの様な時間による課金制度を利用してみるといいのではと思います。
気軽にはじめるのにはいいプランなのかもしれません。それでは定額がよくないのかというとそうでもありません。かなり利用をすることが多いのでしたら定額がお得かもしれません。時間性の場合ですと好きなときに使った分だけの料金しか支払いをしなくてもいいということがメリットですので、どのようなサービスの使い方をしたいのかによって考えるといいのではと思います。法人向けのサービスですが、これでコストを削減をすることにより売り上げもかなり上がっていきます。経費を削減することを考えているのでしたら従量による課金で削減できるのかどうかシミュレーションをしてみてください。

ブックマークや他 おすすめのリンク

Copyright (C)2017従量課金によって普及したクラウド.All rights reserved.